共同研究

当社団法人では、チームワークやグループ・ダイナミックス、チーム力を高めるリーダーシップ、ワーク・モチベーション、プロアクティブ行動を促進するチーム・マネジメントをテーマに、様々な企業様と共同研究を実施しています。

1.企業内の各チームの現状分析をするとともに、高い成果を上げられるチームとそうでないチームの違いはどこにあるのか?

2.どのようにしたら、組織やチームの前向きな感情を引き出し、成果を継続的に上げ続けることができるのか?

3.組織やチームを活性化する管理者の効果的なリーダーシップ行動を育むには、どのような人的資源管理を行うとよいのか?

4.職場やチームでメンバーが気兼ねなく意見を言い合える風通しのよい職場づくり、快適で仕事がはかどる職場環境づくりは、どのようにすればいいのか?

について、アンケートや組織・行動観察を通じて明らかにしていきます。

共同研究のご要望がある方は、お問い合わせよりご連絡ください。

 

<共同研究事例>

①チーム・コラボレーション研究

某電気機器メーカー

・チーム内/チーム間コラボレーション及び社員一人ひとりのプロアクティブ行動の現状分析
・コラボレーション活動の促進にむけた介入施策の検討
・介入施策の効果測定(コラボレーション行動の介入前後比較、プロアクティブ度の改善度合いの測定)の実施

 

某運輸会社

・管理職向け研修が目的にかなう効果を上げているのか、組織心理学に基づく科学的測定のためのアンケート項目の策定支援と分析の実施
・コミュニケーション行動を始めとする管理職の行動傾向の測定
・部下集団のチーム力診断およびそれと管理職の行動傾向の関連性分析

 

②リーダーシップ研究

某電気機器メーカー

・リーダーのリーダーシップがチーム全体の生産性・成果に与える影響度の分析
・チーム成果を高めるリーダーシップコンピテンシー、リーダーのマインドセットの特定

 

③デバイス・ツールを活用した測定・研究

コンサルティング会社との共同研究

・会議の生産性向上にむけた会話量の測定とチームパフォーマンスの関係性分析

 

IT企業との共同研究

・アプリを活用した社員の日々のやる気度の測定とチームパフォーマンスとの関係性分析
・アンケートを活用した主観的な指標と各種バイタルデータ、メンバー間の物理的距離がチームの生産性や個人の生産性に与える影響の分析

トップへ戻る